鍼灸師 開業 保険取り扱いでの鍼(針)灸治療 

鍼灸師 開業 院内での鍼(針)灸治療のみ
ここでは、健康保険の取り扱いをしての鍼(針)灸治療を
行うかの2つのタイプがあります。

a.院内での鍼灸治療のみ     保険取り扱い 有り
b.院内&出張での鍼灸治療のみ  保険取り扱い 有り
   

保険取り扱いで鍼(針)灸治療する事での
メリット 健康保険を取り扱う事で鍼灸治療を希望する
腰痛・肩こりなどに悩む患者さんの自己負担が少なく済む

デメリット?
鍼灸治療を健康保険適応で行おうとする場合
鍼灸健康保険適応疾患のみ健康保険が鍼(針)灸治療の適応 
H18年現在
(1)神経痛 
(2)リウマチ
(3)頚腕症候群 
(4)五十肩 
(5)腰痛症 
(6)頚椎捻挫後遺症
(注)
はり灸は同じ病名で医師の治療を受けている場合は保険取り扱いが認められません
鍼灸治療の通院回数などこまかい規定があるようです。
チョット特殊ですね。

保険証を持ってはり灸院に行けば健康保険で
はり灸治療を受けられる訳ではないようです。

(裏)
医師が親戚にいる・鍼灸に大変理解のある医師に知り合いがいるなどでない場合
現在、鍼灸を保険で治療行うのは難しいケースが多いようです。

WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気には、以下のものを挙げています。
そのため、鍼灸治療を自由診療で行う人が多いようです。

--------------------------------------------------------------------------------
【神経系疾患】
神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

--------------------------------------------------------------------------------
【運動器系疾患】
関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷(怪我)の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

--------------------------------------------------------------------------------
【循環器系疾患】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

--------------------------------------------------------------------------------
【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・風邪および予防

--------------------------------------------------------------------------------
【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

--------------------------------------------------------------------------------
【代謝内分秘系疾患】
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

--------------------------------------------------------------------------------
【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

--------------------------------------------------------------------------------
【婦人科系疾患】
更年期障害・乳腺炎・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

--------------------------------------------------------------------------------
【耳鼻咽喉科系疾患】
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

--------------------------------------------------------------------------------
【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

--------------------------------------------------------------------------------
【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き、かんのむし、消化不良)・小児喘息・アレルギー性湿疹(アトピー)・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

(裏)
上記の疾患の中には、西洋医学で検査・治療したほうが早期回復するものも
含まれていると筆者は思いますし
西洋医学の学と併用したほうがいいとも思います。

スポンサード・リンク