社会人で鍼灸学校 学生

社会人経験者の転職?にて鍼灸師を目指し
鍼灸学校を受験する人は多いものです。

鍼灸学校の昼間・夜間と比べると夜間部のほうが
社会人経験者が多い気がします。

社会人経験者が鍼灸学校の入学を考える際に悩むのは
入試ですよね。

最近では、社会人入試枠なる特別枠を用意している
針灸学校もあります。

針灸学校の入試の学科試験は、センター試験レベルのもので
学力的にはそれ程難しいものではありませんので
心配ないと思います。

社会人経験者が針灸専門学校へ通学する際
仕事を継続しながら針灸学校に通学するのか
学生中心でアルバイトに切り替えるのか悩みますよね。

昼間の鍼灸専門学校に通学するとなると、社会人として
会社に勤務しながらの通学は不可能ですね。

会社勤めをしながら鍼灸専門学校に通学するとなると
夜間部に必然的になりますね。

また、会社から通学する際の職場の理解を得る
職場からなるべく近い鍼灸専門学校を選ぶなど
工夫が必要です。

針灸専門学校での勉強は落とす為の試験ではアリマセンが
針灸専門学校に通学する三年間は、そのことに集中しなければ
片手まで出来る簡単なものではありません。

また、社会人経験を持ち、はり師・きゅう師・マッサージ師になった先輩たちの話を聞くと
社会人をしながらはり師・きゅう師・マッサージ師専門学校に通学し国家試験合格まで
頑張る切るには、体力の充実している30代~40代前半までが
ベストのようです。

(裏)
鍼灸学校が少なかった時には、高齢者は敬遠される
鍼灸学校もあったようですが、これだけ鍼灸学校が増えた現在
あまり年齢や社会人経験の有無は入試に関係ないようです。


スポンサード・リンク