鍼灸師学校の入学試験

鍼灸師学校の入学試験について取り上げます。

鍼灸師学校の入学試験筆記
国語・英語・生物などが一般的です。
センター試験に準ずる勉強でよいようです
最近、鍼灸師学校でも過去の入試問題を
公開しているところもありますので参考にしてみては

鍼灸師学校の入学試験小論文
小論文は、入試の中でも合否を決める際の
ウエイトが面談試験と共に高いようです。
自分が受験しようと思う鍼灸士専門学校の傾向を
研究してみては?

600~800字程度で
これから鍼灸師になるにあたっての
医療人としての心構えなどについての小論文が多いようです。

高齢化社会と医療など 鍼灸には直接関係なく思われる
表題も少なくありません。


鍼灸師学校の入学試験面談試験
鍼灸師専門学校の入学試験で重要視されるのは
面接試験ですね。

全員筆記試験後に面接試験行う学校もあれば
筆記試験合格者のみ面接の学校も

面談形式は
ひとりずつ、面接する学校もあれば
グループ面接の形で挙手により答える学校も

面接内容はもとより
面接試験を待つ間の態度も評価対象になります。

また、服装は
社会人ならスーツ・高校生なら制服で
アイロンをかけキチントした清潔感のある服装で
面接に望みましょう。

私は、グループ面談でしたが緊張して
何を聞かれたか覚えてません。

スポンサード・リンク