灸 実技の手順

お灸の実技は笑えます。
鍼灸専門学校卒業生の合谷(親指と人差し指の間のツボ)
に「やけどの痕」が付いている人が少なくありません。

自分でつけた人・つけられた人様々です。

お灸は、もぐさをひねる所から始めます。

1 半米粒大(米つぶの半分の大きさ)に
  もぐさをひねる練習

2 ひねったもぐさを青竹の上に並べる
  (表面がつるつるしているので青竹)

3 もぐさに火をつける

4 自分にお灸をすえる

5 同級生にお灸をすえる

6 家族や友人でお灸の痕がついても怒らない人にすえる


以上が、鍼灸専門学校で習う「お灸」実技です。

お灸はあまり実習時間ありませんでした。

スポンサード・リンク