鍼灸学校の教員は鍼灸学校により サマザマ

鍼灸学校の教員はイロイロです。

鍼灸学校も、規制緩和に伴い急激な増加をし
鍼灸学校の教員になる為の
鍼灸教員養成科の卒業生が不足しています。
(鍼灸教員養成科は、鍼灸学校卒業後さらに2年)

ということは・・・・・・・(汗)

鍼灸学校創設期は、鍼灸を盛り上げようなど
高い志を持ち針灸学校教員になった鍼灸師も多いと聞きますが

20代、前半での鍼灸学校の教員は
18歳で、高校卒業後スグに鍼灸学校入学
21才で鍼灸学校卒業、そのまま鍼灸教員養成科へ
2年間で鍼灸教員養成科卒業
23~24才で鍼灸学校教員へ社会人経験ゼロ

鍼灸師としての臨床経験は、当然なし!!
鍼灸学校 教員の採用条件には
鍼灸師としての実地能力は関係ありません。

鍼灸学校の先生は
鍼灸専門学校教員の専任
開業鍼灸師で鍼灸学校の非常勤講師
などイロイロです。

鍼灸学校の教員では
近年、名人と呼ばれる鍼灸師は少ないように思います。


(裏)
医道の日本H18年9月号に
鍼灸学校の在学生の覆面座談会が掲載され
鍼灸学校の教員に求める事が生々しく掲載されています。

スポンサード・リンク